ブログで気軽にポータルサイトを作ろう

ポータルサイトを作ろうと考えた際に、事業として収益を上げようと考えると、あんな機能やこんな内容をと構想が膨らんでいき、結果開発にかかる費用が大きくなります。

何をするかによりますが、目的を絞った最小限のことをするだけであれば費用をほとんどかけずに試す方法もあります。

コンテンツを最小まで分解する

お問い合わせでよくあるのが、「食べログ」のような口コミサイトを作りたいといったもの。

「食べログ」のような口コミサイトをそのまま作ろうとしても、10年以上かけて積み上げられたサイトを一朝一夕で再現するのは費用面でも開発期間を考えても難しいでしょう。

なので、その口コミサイトでは何をしたいのか、もう少し突き詰めて考える必要があります。

【目的】
・口コミで評価がつき、おすすめの飲食店を見つけられるサイト
 ↓
・ユーザーが自動的に飲食店を追加し口コミができる(←機能)
・おすすめの飲食店を見つけられる(←目的)

正直な話、サイトを公開した直後はほとんどアクセス数は増えず、機能をつけても最初の数ヶ月はほとんど活用されません。

重要なのは、アクセス数を集められるだけのコンテンツを作れるかどうかです。

ブログで記事としてコンテンツを作成する

サイトのコンテンツを作る際に、手っ取り早いのはブログを使う方法です。
他にもSNSや動画配信など集客の手段になる方法はいくつかありますが、ブログが一番ポータルサイトと近い感覚でコンテンツを生み出すことができます。

口コミサイトの例でいくと、前述の通り、いくら完璧な口コミ機能を作ったとしても1アクセスにもなりません。

それよりは、如何に興味を持ってアクセスを呼び込むコンテンツを作れるかどうかが鍵となります。

それを簡単に始められるのがブログです。

無料で使えるブログサービスは数多くありますし、独自ドメインで始めたい場合もドメインを宛てられるブログサービスはあるので、ドメイン代だけで自分のサイトを持つことができます。
さらに一歩進んで、レンタルサーバーを借りてWordPressを使う方法もありますが、慣れないうちは無料ブログで十分だと思います。

ブログはHTMLの構造上SEOにも強く、アクセス数を集めるのに向いているので集客を目的としたサイトを始めるにはおすすめです。
ブログでアクセスを集められないならポータルサイトを作っても成功は難しいので一度よく考えたほうがいいでしょう。

コンテンツの作成1.店舗情報を作成する

高機能で飲食店に特化したCMS(更新管理システム)がなくても、店舗情報は作成できます。

・店舗名
・住所
・写真
・メニュー
・営業時間

ざっと上記のような基本情報をテキストで入力すれば、ひとまずコンテンツは完成します。

コンテンツの作成2.アクセス数を増やす

基本情報だけを羅列しても、そのページにアクセスする人は殆どいないでしょう。
ここからアクセス数を集めるためには、そのページに価値のある情報を作る必要があります。

興味を持つ部分、アクセスのきっかけとなるキーワードは何か、仮説を立てて実行してみるのがいいでしょう。

・コメント欄をクチコミとして他の人の意見を伝える
・お店の特徴などを詳細にレポートを書く
・「店舗名 評判」など検索キーワードに対応する文章を入れる

忘れがちなのは、ユーザーがどのようなキーワードでアクセスしてくるのか、ルートを意識するということです。
ガンガン広告をだして集客するのも方法の一つですが、低予算で行くならGoogleなどの検索エンジンからの流入は欠かせません。

クチコミなどの機能面だけでなく、SEOを意識したWebページとしての完成度を高める必要があります。

SEOに関しては、一言で説明するのは難しいですが、最初はアクセスしてもらいたいキーワードで検索してみて、検索結果に出てくる他のページに負けない情報量&質のページを作ってみるのがわかりやすいでしょう。

その際、情報量を増やすためにテキストをコピーするのは著作権に違反することになるので止めましょう。

コンテンツの作成3.サイトとしてのテーマを決めて情報を増やしていく

1ページだけではアクセス数も増えないので、他の店舗を追加するなどページ数を増やして行きましょう。

そこで漠然と手当たり次第に店舗情報を追加しても、サイトのテーマが曖昧になり、せっかく訪れたユーザーは1ページだけを見て立ち去ってしまうかもしれません。

しかし「毎日飲み歩いている呑んべえがおすすめする厳選飲み屋」や「北海道の名店を紹介」、「都内で食べられる絶品沖縄料理の店」などテーマがあると、そのテーマに興味を持った方がサイト内を巡回したり、定期的に再訪しやすくなります。

ページが増えてきたら、記事をカテゴリに別けて整理し、訪問ユーザーが目的の店舗を探しやすくするのも有効です。

そうなると、最早ただのブログではなく「厳選飲み屋紹介ポータルサイト」のように、ポータルサイトを名乗れるくらいのサイトになってきます。

ポータルサイトは、最初からポータルサイトである必要はなく、コンテンツを作っていくうちにユーザーに必要とされ、ポータルサイトとしての性質を帯びていくことも十分有効な方法だと思います。

まとめ

立派で多機能なポータルサイトを作っても、集客やコンテンツの企画など実際に運営していくのは自分です。

仮に、クチコミなどでユーザーが勝手に文章を増やしてもらえばいい、と安易にお考えの場合は一度よく考えたほうがいいでしょう。
クチコミは誹謗中傷など問題も発生しやすいコントロールが難しいコンテンツでもあります。また、勝手にクチコミが増えることもほとんどありません。
どうしたらクチコミが集まるか、アクセスが増えるかを見つけられるようになる必要があります。

初めてサイトを作ろうとして、「食べログ」みたいなサイトを作りたいなとお考えの方がいましたら、一度ブログで自分がどこまで集客性のあるサイトを運営できるのか、試してみるのも良いのではないでしょうか。