Google Maps 以外の地図サービスは?

位置情報系のポータルサイトでは必須といえる地図サービス。Google Maps 以外にも選択肢があります。

Google Maps APIの変更について

先日、Google Maps API が「Google Maps Platform」へと名称変更し、あわせて料金体系も変更になりました。
これまで長い間 APIキー がなくてもある程度動作していた Google Maps API ですが、今回の変更により APIキー が必須となり、影響を受けるサイトもあるかもしれません。

新料金はこちらにあり、サービスは大きく「マップ」「経路」「場所」のカテゴリに分かれています。
このうち、単純に地図を表示するだけなら「マップ」の料金を参考にすると良いでしょう。

ただし、Googleマップのサイトから「共有」機能の「地図を埋め込む」を利用する場合は、料金やAPIキーは必要ないようです。
もしコーポレートサイトなどで会社の地図を表示する場合はこちらを利用すると良いと思います。

ほかの開発者向けマップサービス

Google Maps 以外にも地図を利用できるサービスがいくつかあります。
ここではそれをご紹介します。

YOLP(地図)

https://developer.yahoo.co.jp/webapi/map/

Yahoo!JAPANが提供する地図APIです。
Yahoo!地図Yahoo!ロコのデータが一部利用できるのが特徴です。

埋め込み地図はもちろん、静的画像での地図(スタティックマップ)、拠点検索、地点からの住所逆引き(リバースジオコーディング)にも対応しています。

なんといっても無料なのがスゴイです。
一部はリクエスト回数制限がありますが、制限のない(明記されていない)ものもあります。

Mapbox

https://www.mapbox.com/

Google Maps 代替として海外で人気の高いサービスです。
月に5万表示までは無料(2018年6月時点)です。

埋め込みやジオコーディングなど基本的な機能に加え、オフライン地図にも対応しています。
見た目もオシャレで機能も豊富ですが、現時点で日本の住所への対応があまりできていませんので、国内の地図を使ったジオコーディングは厳しいです。

Leafret

https://leafletjs.com/

JavaScriptで地図を読み込むタイプのサービスです。
地図内のフキダシ(infowindow)のデザインも自由にできたり、Google Maps API とは違う点で痒いところに手が届くような感じがあります。
Google Maps API を含め、地図サービスの多くは地点情報を規定の範囲(メッシュ)に区切った「タイル」と呼ばれる画像で構成されていますが、この Leafret では、その地図サービスをタイルで呼び出す仕組みです。
ですので、地図の制御は Leafret のJavaScriptですが、地図データはいろんなサービスから取得して表示することができます。

Open Street Map

https://openstreetmap.jp/

こちらは少し他とは違うサービスで、有志のユーザーにより作られているオープンな地図です。
有志のユーザーといっても、登録すればだれでも地図を作ることができます。
地元に住んでいる人にしかわからない情報などが書かれていることもあり、場合によっては有用かもしれません。
Google Maps API のように地図をサイトに埋め込むこともできます。
以上、主な地図サービスをご紹介しました。
Google Maps API は料金体系が変わったとはいえ、やはり使いやすいサービスには変わりませんが、もしかしたら他のサービスの方が要件にフィットするかもしれませんので、検討してみてはいかがでしょうか。