定着しつつあるWordPressのエディタ・Gutenberg(グーテンベルク)の便利機能

リリース当初は更新ができないなどのトラブルがあり、導入に躊躇していたWordPressエディタであるGutenberg(グーテンベルク)ですが、最近では特に問題なく使えるようになりました。
以前のエディタと比べて良かった点など気づいたことをまとめたいと思います。

Gutenbergの特徴

Gutenbergの最大の特徴は「ブロック」と呼ばれる要素を追加できる点にあります。
例えば文章を入れたい場合は「段落」というブロック、写真を掲載したい場合は「画像」というブロックを利用する事でページを簡単に作成できます。

またレイアウト要素には、コンテンツを並列に並べる「カラム」や画像の横に文章を掲載する「メディアと文章」など頻繁に利用するであろう機能がついています。
以前のエディタだとちょっと面倒くさいことがいとも簡単にできてしまます。

もちろんHTMLも利用できるので、ブロック要素で解消できない細かい調整も可能です。
併用するのがベストであると判断しています。

Gutenbergの一押し機能

ページを作成する際に共通の要素(お問い合わせのボタンとリンク等)をページ毎に入力していたりしませんか?
これが結構面倒な上に、修正をする際はすべてのページを編集しないといけないという地獄のような作業を強いられます。
そこで利用したいのが「再利用ブロック」。
設定したものが再利用ブロックとして登録され、他のページにも共有が可能になります、
登録されたブロックを編集すればすべてのページにも反映されるため、作業時間が大幅に短縮できます。

まとめ

Gutenbergがリリースされた直後は冒頭にも説明した通りトラブルに見舞われ、本当に使えるようになるのか不安だったものの、最近では動作も安定し、直観的な編集ができるようになりました。
まだまだ便利な機能がたくさんあるので、さらに探っていこうかと思います。