Googleの新たなサイト評価指標「ウェブバイタル」

先日Googleが発表した、サイトの評価指標「Web Vitals(ウェブバイタル)」を簡単に紹介します。
検索のランキング要因にもなる重要なものです。

サイトの「健全性」

Googleが言うWebサイトのバイタル=健全性とは、やはりユーザーから見た品質の高さです。
SEOに関しても、Googleは以前からユーザー視点での評価を貫いていますが、この「ウェブバイタル」に関しても同様です。

Webページの読み込み時間や様々な端末で表示した際の見た目の安定性、インターフェイスの操作性の高さなど、大きく3つの指標を掲げています。

ウェブバイタルの主な3つの指標

LCP:最有意コンテンツ表示(Largest Contentful Paint)

ユーザーにとって最も有意義な要素(コンテンツ)が表示される時間の指標で、ページの表示処理開始→ 最も有意義な要素の表示完了までのタイミングを意味します。

「ページ内の重要コンテンツ」(供給側視点)と「ユーザーにとって有意義なコンテンツ」(需要側視点)の線引きが難しそうです。

FID:行動遅延時間(First Input Delay)

ページ表示後、ユーザーが最初に何か行動するまでにかかった時間を意味します。

リンクやボタンのクリック、検索フォームへの入力など、この時間が短ければページの作りが直感的でわかりやすいという判断ができます。

CLS:レイアウト安定度(Cumulative Layout Shift )

ページ表示後に、意図せずレイアウトが移動したり崩れたりしないかどうかの指標です。

例えば広告を貼っているページなどで、ページ表示後に遅れて広告が表示され、意図せずクリックしてしまったことはありませんでしょうか。

または、複数の画像が読み込まれるたびに要素がズレていき、見たいものが画面外に出てしまった、など。

こういった、ユーザーが望まない、または不快に思うようなレイアウトの移動が起こっているかどうかを判断します。

3つの指標以外も必要

前述の3つの指標はメインとなるものですが、この3つを実現するためには、サーバーの応答時間(Time to First Byte:TTFB)や初回表示時間(First Contentful Paint:FCP)なども改善する必要があります。

サーバーの性能や回線、ユーザーの環境にも左右されるため、確実な測定は難しいと思いますが、改善を意識することが大切です。

自分でウェブバイタルを測定する

GoogleのPageSpeed Insightsでは、すでに3つの指標(LCP、FID、CLS)が測定できるようになっています。

簡易的に測定したい場合は、Chromeブラウザ用の公式プラグイン(無料)があります。

自動化など自前で測定したい場合、JavaScriptライブラリが用意されています。

また、Googleが収集したウェブバイタルに関するBigQueryのデータセットも一般公開されています。

BigQueryではやや使いにくいため、REST APIも準備中とのことです。

今後について

まだ発表されて間もないウェブバイタルですが、検索のランキング要因になるのは2021年以降のようです。

また、ウェブバイタルは「サイト単位」でなく「ページ単位」での評価になるとのことで、できるところから部分的に改善を進めて良いと思います。

これまで同様、「ユーザーファースト」を念頭に、今後もサイトの改善をすすめていきましょう。

おわりに、参考になるリンクを掲載します。



新着記事

おすすめの記事