「Why」から始めるポータルサイト戦略

例えば誰かがどこかの地域ポータルサイトを作って公開したとします。

そして「地域活性化のためにぜひご利用ください」と言われたら、あなたは興味を惹かれますか?

別の誰かは、
「この地域で生まれ育って、子供の頃から野菜が美味しく、新鮮な魚も取れ、今もその良さは変わりませんし、この街が大好きです。この地域の良さを一人でも多くの人に分かち合いたい。そこで地域を知るきっかけとなればと思い地域ポータルサイトを作りました」
と言って、サイトを公開しました。

どちらが興味を惹かれるでしょうか。

同じように自分の生まれ育った地域が好きな方には、後者のメッセージに興味を持つでしょう。

ゴールデンサークル理論

人に何かを効果的に伝えるための考え方として、ゴールデンサークル理論というものがあります。

  • Why なぜ(目的、信念)
  • How どのように(方法、内容)
  • What なにを(物)

TEDの動画があるので御覧ください。

簡単に言ってしまえば、人は「物」や「内容」ではなく、「信念」に動かされるということです。

冒頭の例でいうと

  • この地域が好きだから(Why=信念) ←重要
  • 地域の良さを伝えられるように、活性化するように(How=内容)
  • 地域ポータルを作りました(What=物)

ちょっと例が雑すぎて伝わりづらい気がしますが、上記の例だと、Whyの部分が「お金を稼ぐために」だとしたらどうでしょうか。誰も利用しようとは思わないと思います。

ポータルサイトにも活用しよう

ポータルサイトを利用してもらう際にも、「なぜ」このサイトを作ったのか、運営者の考えが伝わると、考えに賛同してくれる方がきっと利用してくれるはずです。

ぜひ運営者としての「信念」を明確にして、ブレないポータルサイト運営を突き通してください。

新着記事

おすすめの記事